Beyondafter Records

VOCALOIDで曲を作ったり、拙い絵を描いて動画にしたりしているユキトのブログです。最近20歳になりました。

夏休み、1

こんばんは、VOCALOID楽曲制作のユキトです。

 

先々週から夏休みに身を投じています、

始まってしばらく経った所で、日記のようなものを少し。

 

まず休みが始まって1週間以上、ひたすらゲームしたり、

甲子園の中継を観たり、やっぱりゲームしたり…

とにかく頭へのダメージを抜いて、休みました。

特に3回戦、神村学園 対 明豊は熱過ぎる名勝負だった…

 

ただ、夏休みらしいことも少しはできたと思います。

劇団四季のライオンキングを観劇して、寿司を頂いて。

 

それと、もう何ヶ月経ったのか覚えてないくらいだった

エレキの弦が切れました。エリクサーの弦、流石の長寿命。

予備を切らしてしまっていたので、これを機に新型 "Optiweb" を試すことに。

どんな感じか、楽しみ。

 

さて、ここからの毎日は制作に費やすつもりです。

まずは8/31、ミクさんの10周年に合わせて1枚絵を描こう。

で、9月末までに1曲作れたら最高ですね。

更に、10/30にはとあるゲームのBGMアレンジ作品を公開予定なので、

色々と楽しみにしておいて頂ければと思います。

 

それでは、また後で。

広告を非表示にする

#5 10日前を祝って

こんばんは、VOCALOID楽曲制作のユキトです。

 

昨日は、主に音楽を通して知り合った方々とお会いして、

暖かくなった屋外で夏っぽく遊ぼうという日でした。

知ってる人、知らない人、まあ色んな方。

 

10日前に20歳の誕生日を迎えていた俺ですが、

おめでとう、とお祝いして頂くことができました。

人生でも中々そんなようなことはなかったもので、嬉しい限りです。

治りかけの風邪を押して来てくれたのが、

ボカロを始めるずっと前から何故か良くしてくれているあのベーシストさんだったり。

しかも、何とプレゼントを頂いてしまったり。

 

案外幸せ者じゃないか。

 

解散後、始発までの3時間ひとりで耐久戦を繰り広げることになったけど、

何とか戻ってこられました。生きてます。

 

良い日でした、

それでは、また後で。

広告を非表示にする

#4「コエノアリカ」

こんばんは、ボカロPのユキトです。


今日は、初めてGUMIが歌った作品して20歳の記念とも言える2作目、

「コエノアリカ」の話を。

誕生日になった瞬間を狙って投稿したせいで公開が深夜になってしまって、

前作に比べても全然伸びなかったのは苦い思い出。

 

春にVOCALOID楽曲制作を始めて、1作目「光に舞う」を公開した頃には

20歳がもう目前に迫っていて、あと2か月くらいという所。

19歳の最後に絶対何か作りたい、作ってやろう、と考えていて。

 

そう思いつつギターを弾いているうちに突如として考え出されたのが、

そのままこの曲のリフとなるフレーズでした。

ここから、ギターが主役の曲が形になっていくことに。

 

新しい武器、シンセも要所を支えてます。今回も殆どOmnisphere 2

Aメロのピコピコサウンドは、音を滑らかにつなぐ「ポルタメント」を

ちょっとかけていて、あんなような鳴り方になっています。

サビの「キーン」っていう音は、鉄琴とベルの合わせ技だったり。

 

ベースはTrilianですが、曲調に合わせて音作りも変えてます。

今回出来た音は結構気に入っていて、また使いたいな、と。

なのにこの曲は、過去最高にベースがいない率が高いんですよね。

 

Bメロのドラムパターンは結構大変で、

なかなかしっくりこなくて時間をかけたのはよく覚えてて…

音源は「Addictive Drums 2」を使ってます。

 

途中に実験的なパートがあって、ピッチが不安定というか不協和音というか、

決して耳馴染みの良くない、キレイじゃないものを意図的に通してみました。

どうでしょうか…?

 

曲を書くようになって色んな楽器を触ったけれど、

最初に手に取ったギターから全てが始まった俺にとって、

ボカロを始めてから手に入れた新しい音を詰め込みつつも原点に立ち返った、

1作目ともまた異なる新たな羽ばたきの曲になった…ような、

そうじゃないかもしれないような。

 

で、楽曲とは別に前々から、GUMIがギターを持ったら、と何となく想像していて。

描いちゃえばいいんだということで生まれたのが今回のイラストです。

前回の反省から導入したペンタブを使って、ちょっと上手くなった気がするんだけど、

改めてイラスト制作者の皆さんの苦労を身に染みて感じました。

尊敬する。

 

例によって歌詞は解釈、投影の余白を残すような作りになってます。

曲に最後の輝きを与えるのは、聴いたあなたかも。

それに、歌ってみようとか、弾いてみようと思ってくれる人がいると凄く嬉しい!

そのまま歌えるスゴイ人はさておき、男声キーは1音半~2音半下げると良さそうです。

 

カンで作っていると思っていても、案外様々なことを考えているもので。

さて、幾らかコンパクトに書けただろうか…?

それでは、また後で。

 

広告を非表示にする

#3 「光に舞う」

こんばんは、VOCALOID楽曲やイラスト、動画を作っているユキトです。

 

今回は、初めての初音ミク、初めてのVOCALOID作品となった1作目、

「光に舞う」の話を少しばかり。

 

さて、この曲はいかにして生まれたか。

 

結果としてミクさんに歌ってもらったこの曲のイメージ自体は、

実はVOCALOIDを始めようと決めるずっと前からありました。

 

どんな形で音楽をやろうかと考えつつも定まらないまま、

ただアイディアだけが浮かんでは消えていた頃。

その中でずっと残り続けたのが、後にこの曲のサビとなるフレーズで。

今思えばこの曲は、巡り合わせを、形になるのを待っていたのかもしれない、

という気がしてくるような、してこないような。

 

自らの音楽の在り方としてVOCALOIDを選んだ俺ですが、

デビュー作、新たな始まりの1曲ということもあって、

VOCALOIDのみならず初めての試みばかりを詰め込みました。

その分の時間も苦労もかかったのは内緒。

 

シンセを使ったのがまず初めてのことでした、殆どが「Omnisphere 2」です。

鍵盤の全く弾けない俺が、この曲で言う「ポーン」とか「ヒャー」とかそんなような、

ギターを飛び出した音を形にしたこと自体が初の試み。

結果こうしてオムニさんが役に立つことになったのも運命かもしれなくて、

ミクさんとGUMIを購入するよりも前、何か思う所があって買ってありました。

セールに乗じて。

 

ボーカルエディットも勿論初めて。

主旋律には1オクターブ下げた同じメロディを重ねてあります。

元々男声キーだった故にめちゃめちゃなハイトーンを強いることになってしまって、

今でもミクさんには申し訳なかったと思うばかり…

更に、複数の声色をミックスして声質を増強してます。

 

ベースの音は全て「Trilian」。これも、初めて使いました。

目立つのは、Aメロのややこしいスラップでしょうか。

人力で弾けるかちゃんと照らし合わせてはいるんだけど、

自分で作っておきながら俺は弾けません。テクニック不足。

 

タイトルに「舞う」と付けているだけあってダンス感を意識した曲で、

ここぞというときだけと決めているダンスビートも使いました。

 

大部分が打ち込みの中でもギターは自分で弾いて録音していて、

卓上ミキサーとアンプシミュレーターを使った方法に挑戦しました。

シンセとユニゾンしたり、2本の音を重ねたりというアプローチもやっぱり初めて。

結構上手くいったんじゃないかな、と思ってます。

 

他には、音声ファイルを加工して作ったあの拍手のような音、

だんだん大きくなるリバース音、一瞬ラジオのような音になるエフェクト…

 

そうそう、VOCALOIDで活動するなら動画も作ろうということで、

全く経験のなかったイラスト・動画制作もこの曲から始まりました。

手描きの原画をスキャンして手直ししながら作った苦労は忘れられない…

これのせいでペンタブを買うに至ったくらいです。

 

これは俺のどの曲にも言えることかもしれないけれど、

歌詞は敢えて解釈、投影の余白を残すように書いています。

意味という命をこの曲に与えるのは、聴いたあなただったり。

それで、歌ってみようと思ってくれる人がいると凄く嬉しいです。

今回についてはミクさんに何とか歌ってもらったものの、

元は男声キーなので、2音半上げるくらいが丁度いい女声キーかな?

弾いてみよう、叩いてみようというのも大歓迎。

 

ああ、

書き始めると切りがないもので、少しと言いつつ随分長くなって…

とにかく、色々詰め込んだんだなって知ってたら、ちょっと違って聴こえるかも。

 

それでは、また後で。

 

広告を非表示にする

#2 20歳

こんにちは、VOCALOID楽曲制作のユキトです。

 

数日経ってしまったけれど、7/12で20歳を迎えました。

意外と早く来てしまった気がします、ボカロを始めたのが今年の春。

20歳は本当に新たな始まりなのかもしれません。

 

19歳まで、何してたっけ。

楽曲は作ってました。ボカロで言えばまだ2つ、始まったばかりだけれど。

その為にイラストも描き始めて、ちょっと絵が上手くなった気がします。

ちょっと。

 

運動は苦手で、勉強はそこそこ、ゲームをする以外は暇で。

ギターを始めて楽しくなって、楽譜が苦手だからと曲を書き始め。

技術的にはそこまで上手くなれなかったのに、

気付けば、できることが音楽しかなくなっていて。

これという青春もなく(←大事なポイント)。

そんな俺の作品の最後のピースが、ミクさんとGUMI、でした。

 

これからどれくらいできるだろう、どこまで行けるだろう。

分からない、分からないけれど、切り開くと決めた方へ。

こう言うと随分カッコいいですが、本当にそうするしかないですもんね。

 

それでは、また後で。

…おいしそう。

f:id:Yukito_00F:20170717155237j:plain

 

広告を非表示にする

#1 初めまして、始めました

こんばんは。VOCALOIDで曲を作ったり、

拙い絵を描いて動画にしたりしています、ユキトです。

 

ブログなるものを始めました。折角沢山の余白があるんだから、

Twitterで書き切れないようなことも、ここで綴れたらと思ってます。

 

さあ初めての記事を、と思うと案外筆が進まないもので、

今回はいつもの製作場所から、簡単な挨拶を。

 

それでは、また後で。

f:id:Yukito_00F:20170717155739j:plain